大阪府で評判のホームステージング業者を徹底比較!口コミで人気のホームステージング業者を厳選しました。

ホームステージングとモデルルームは何が違う?それぞれの特長を紹介

公開日:2021/12/01

最近、「ホームステージング」という言葉をよく耳にするようになりました。なかには「モデルルームのことでしょ?」と思っている人も多いのではないでしょうか。たしかに、ホームステージングとモデルルームには共通点があります。しかし、実際は扱う物件からはじめ、ターゲット層も違いがあります。その説明とそれぞれの特長をご紹介します。

モデルルームの特長

モデルルームとは、新築の分譲マンションなどにインテリアや家具を飾り、「サンプル」として購入者に見せたり、販売したりすることをいいます。モデルルームができる特長として挙げられるふたつを解説します。

ゆっくり間取りを実感してもらえる

購入者がモデルルームを訪問し、サイズや人数、質感を自分で実感できることです。モデルルームの場合、展示会や見学会などを開催します。そのため、購入者にゆっくりと間取りを見て、物件のよさを知ってもらえます。

モデルルームは細かな部分まで装飾されていることがほとんど。たとえばクローゼットの奥行きを見て収納をイメージできたり、脱衣所・浴室を見て、親子で入れるか確認できたり。

新しく住まう部屋の使い方や理想の生活像は人それぞれですが、体験することでより現実的にイメージできる点が大きな特長です。見学時間の間に、部屋のメリットを適切に伝えられるよう、ポイントをしっかり抑えたインテリアコーディネートが必要といえます。

物件の状態に合わせた見せ方ができる

モデルルームには、物件の状況によりさまざまな見せ方があります。「仮設モデルルーム」は分譲マンション(集合住宅)などにおいて、建設中の場合に行われる方法です。まだ建設中なので近くの設備を使い「仮設」として実物大のモデルルームを作り、購入者に部屋を紹介します。

それに対し、「棟内モデルルーム」は、完成後の分譲マンションの一室などにおいて、ひとつの住宅をモデルルームとして公開することをいいます。

また、これらとは別に「サンプルルーム」と呼ばれている方法もあります。こちらは、住宅設備や機能の「一部」を見学・体感できる展示方法です。たとえば、書斎のみ、キッチンのみ、リビングルーム、バスルームのみなど。

「建設中の間に購入者にみてもらいたい」など、どのタイミングでどのようにモデルルームを見てもらうかは、自社のコンセプトにより変わってくるかもしれません。

ホームステージングの特長

ホームステージングの「ステージング」とは、物件を「舞台のように演出する」ことをいいます。それは新築、賃貸に限りません。ホームステージングは、自分で演出する場合もありますが、業者を使い、「家(物件)」をより魅力的に演出して販売促進する方法です。

最近ではホームステージング業者のなかにも「ホームステージャー」といわれる専用の資格をもっている人もいるようです。ホームステージングの特長として、大きくふたつが挙げられます。

短い時間で物件の魅力を伝えられる

期間を決め、インテリアや家具をレンタルし展示できるため、短い時間で物件の魅力を伝えられます。契約期間の平均は「3か月のプラン」を提供しているところも多いようです。

ホームステージングの利点として、搬入や搬出をする手間がありません。物件を展示のため、まずは家具一式を集めなければいけないと考えると負担は大きいのではないでしょうか。

また、家具を運び込み、撤去する労力に、倉庫を借りる費用も検討しなければなりません。トータルで考えるとホームステージング業者にお願いした方が安く済んだという事例もあります。

居住中の家も演出できる

もうひとつ、ホームステージングの魅力といわれるのが、居住中の家もコーディネートできることです。これから売り出す予定の物件に対し、売買契約直前まで入居者が住んでいる場合、ホームステージング事業者を利用する人も多いです。こうした「住まいながら売りたい」という需要にこたえられる点もモデルルームとは異なる特長といえます。

また、ホームステージャーたちは片付け・クリーニングの知識を持ち、どの程度の掃除や補修、整理整頓が必要なのかを見ます。そして、専門的なクリーニングがいる場合は概算を伝え、専門業者を紹介してくれる場合もでてきます。

「どのくらいキレイにすれば高く販売できるのか」、「購入者が見学するとき、どんなところをチェックしているのか」ホームステージングでは知識が必要といえます。

ホームステージングとモデルルームは別物!

それでは、ホームステージングとモデルルームでは何が違うのでしょうか?それぞれを比較しながらご紹介します。

扱う物件の違い

それぞれの違いを大まかに説明すると「扱う物件」が違います。「ホームステージング」の括りは主に、中古分譲マンション・中古一戸建てといった「中古物件」です。それに対して「モデルルーム」は、集合住宅や分譲住宅などの「新築物件」に対してコーディネートすることをいいます。

これまでの日本の不動産販売では、「購入者に対し、住みたいと思える部屋にコーディネートする」販売方法は新築に対してしか行われていませんでした。「中古物件」というと空室をイメージする人も多かったのではないでしょうか。

ところが1970年頃、「中古の物件をきれいに演出しより早く、高く売る」というホームステージングの考え方がアメリカで生まれ、イメージが大きく変わりました。2000年頃に日本にもホームステージングが伝わり徐々に浸透していきました。

「空き物件が売れない」と悩む不動産業者も多く、ホームステージングという販売方法はニーズに合っています。これから伸びていく業種といわれています。

ターゲット層の違い

モデルルームでは、「メーカーの最先端技術が映えるトレンドを取り入れたインテリア」や「機能性のある設備」を見せることが多いです。実際の購買価格は高くても、「こんな家に住みたい」というポジティブなイメージを持ってもらうことが目的の一つです。

それに対して中古物件の販売は、より綿密なターゲット層の絞り込みが必要とされています。せっかく魅力的なコーディネートをしても、「その部屋に入居したい客層」がどこなのを考え、適切なコーディネートを行わなければ、ホームステージングの演出効果が半減してしまいます。

ホームステージングをする前に必要なことは、適切なターゲット層の絞り込みとコンセプトを決めることです。そうすることで最大限に物件の魅力を発揮できるのではないでしょうか。

 

これまでに、ホームステージングとモデルルームの違いや特長についてご紹介してきました。ホームステージングは、早期販売・高価売却が目指せる手法といえます。しかし、費用もかかるため、綿密なターゲット層のしぼり込みやコンセプトを練ることが必要です。

「自分はコーディネートのセンスがない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。まずは自社に合ったホームステージング業者を探し、相談してみることをおすすめします。

【大阪府】おすすめのホームステージング業者5選

イメージ
会社名タマックスステージングサービスカグカスSALT STAGINGリレスト
特徴すべて自社で対応するため、お客様の要望に沿ったプランでコスト削減も実現理想的なモデルルームを低コスト・低予算で設置可能1ヶ月単位での料金設定で成約も破約も自由。自分に合ったプランで契約可能在宅しながらでもステージング、広告物件写真の撮影ができる商標登録された質の高いホームステージングが受けられる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【大阪府】おすすめのホームステージング業者5選
記事一覧